HOME > NINTENDO64 > カメレオンツイスト

タイトル画面

掲載記録

AD.2008

 【06/08】  【06/09】  【06/10】

関連サイト

 日本システムサプライ Wikipedia ※制作会社。2000年10月倒産

2008/06/08(sun)

(・<−−−−−

 不思議の国に迷い込んだカメレオンが元の世界に戻るために、自らの「舌を伸ばす」というアクションでステージをクリアーしていくアスレチック型のアクションゲームです。フィールド上の主人公であるカメレオンを上から見下ろした構図になっていて、カメラは『スーパーマリオ64』よりは動きが少ないかな。

 このゲームを有名ドコロと同じカテゴリーに分けるなら、『海原川背』とか『トップシークレット』とかと同じ「ワイヤアクションゲーム」と言えるかも。ワイヤーの代わりに舌を使って、移動手段にしたり、攻撃に使ったりするのはもちろん、道中やボス戦で基本アクションを駆使して仕掛けをクリアーしていくのが、前述したタイトルと似ているような気がするので。

 今のところ、最初から初めてふたつばかりワールドをクリアーしたところ。アスレチック型アクションなんで、マリオシリーズみたいにワールドがさらにいくつかのステージに分かれていると考えてました(ワールド1なら、1−1→1−2→1−3→1−4)。コレ、ワールド=そのステージなんで、今見えてるワールドが全部で6つだから、隠しがなければ6ステージクリアーしたら終わりってコト? このゲームがあんまり話題にならないのって「ボリューム不足」って理由もあるのかなー。

2008/06/09(mon)

すっ飛ばし

クリアタイム表示画面

 予想通りっつーかヤッパリっつーか、6ステージクリアーしたら終了しました。クリアータイム見て貰えば分かるとおり、あっという間。

 このゲームならではのワイヤーアクションをもっと楽しみたかったな。※「ワイヤーアクション系ゲーム」って、こう一括りにしてはいるものの、同じような操作感を持つタイプの物はほとんどないけどね。「海腹川背系ワイヤーアクション」「トップシークレット系ワイヤーアクション」等々

 前半3ステージがワイヤーアクションの練習ステージだとすると、後半3ステージがいきなり応用編になったような難しさなのがかなり面食らいました。徐々にプレイヤーが上手くなっていく気持ちよさが薄いなあ、と。「イージー」の次にいきなり「ハード」な難易度のステージに放り込まれたような変化です。急激な難易度の上昇に指先がついていかずに「そんな難しいコトやらせんな!」と、ちょっと眉間にシワが寄っちゃったよ。

実際のゲーム画面。足場の少ないステージで、踏み外して落下すると、そのフィールドの最初からやり直し

 もうちょっと気持ち良くワイヤーアクションを使えるステージがあれば、ボリュームも増えて満足度も上がったと思うんだよな。制作者側がフィールドのアイデアが出尽くしたようなやっつけ感があって、勿体ないわ。

ステージ選択画面。見えているモノをクリアーすると隠されていたステージがオープン……というサプライズはありません。この6つで全部

 ステージの舞台がそれぞれ「ジャングル」「地下(アリの巣)」「爆弾(要塞?)」「砂漠(空飛ぶ絨毯はデフォ)」「おもちゃの国」「お化け屋敷」。
 このゲームの世界観に合っていそうで、他に追加できそうなフィールドというと「雪国(雪だるま)」「ゴミ箱」「振り子時計」「水中」「食器(台所?)」「空中(または宇宙)」とか? このゲーム全体を包む雰囲気が、今はやりのキモカワイイ系なんでソレにマッチしそうなフィールドを考えてみました。

 遊びごたえを感じさせるぐらいのステージ数が用意されていて、ワイヤーアクションを堪能できれば名作になれたんじゃない?
 「アメリカアニメのようなファンタジーな世界を冒険するワイヤーアクション」という、考えたモン勝ちな世界観を用意してくれただけに、このボリュームの無さは惜しいわー。

数値で評価

世界観★★★★−
アイデア★★★★−
ボリューム★★−−−
操作性★★−−−
爽快感★−−−−

 「ボリューム」は多少甘めの評価で、このくらい。後半ふたつの評価が悪いのは「カメラがフラフラ動いているので、後半ステージ、微妙な操作を要求される場面でつまらないミスをしやすい」のが原因です。アクションそのものの楽しさはあるんですよ? でもそれを見守るカメラに翻弄されるんだよ(泣)。

2008/06/10(tue)

タイムアタック

 クリアー後も集め要素があるんで、それなりに楽しめます。やっぱボリュームがねぇ。
 フィールドに散らばった王冠(各ステージ20集めるとメニュー画面に王冠が表示される)やニンジン(全ステージで5コ。集めると色違いのキャラクターが使える)なんかを集めるのがクリアー後の目的。他には、各ステージのクリアータイムなんかも記録されるんで、タイムアタックなんかも楽しめます。
 うん、つくづく、大量にステージがあれば盛り上がれる要素なだけに、ステージの少なさが余計に勿体なく思えるわ。

 クリアー後もこの世界の雰囲気に浸っていたかったんで、今日はそういったクリアー以外の要素を楽しむためにプレイ。

タイムアタッククリア画面

タイムアタッククリア画面

タイムアタッククリア画面

タイムアタッククリア画面

タイムアタッククリア画面

 サンディスティックで微調整するのが上手く行かなかったせいで、部屋ナンバー2の「射的でアタック」と部屋ナンバー5の「クイック回転でタイムアタック」が手こずった。
 にしてもココで出した記録って、「タイムアタック」モードなのにクリアータイムがセーブされないんだぜ?(えー) 世界観とアイデアがいいのにそれらが生かし切れてなくて、タイムアタックで記録が100分の1秒まで表示されるのにタイムが記録されず、タイムが記録されるノーマルモードでは記録が秒止まり(0コンマ以下は表示されない)。制作側が拘った部分が、プレイヤーの望む方向とズレてるんだよな。

現状のスコア

ステージ名王冠タイム
ジャングルランド229’19
アントランド2414’23
ボムランド1717’05
デザートキャッスル1115’40
キッズランド1234’22
ゴーストキャッスル1629’14

HOME > NINTENDO64 > カメレオンツイスト